忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

Skyactiv-D1.5リコール

  • 2018年02月01日
Skyactiv-D1.5のリコールが発表されました。

内容をみると、
ディーゼルエンジンにおいて、低車速で加減速する走行を繰り返すと、燃焼時に発生する煤の量が増え、インジェクタ噴孔部に堆積し、燃料の噴霧状態が悪化することで、さらに煤の量が増え、排気側バルブガイド周辺に堆積することがあります。そのため、排気バルブが動きにくくなり、圧縮低下による加速不良や車体振動が発生するとともに、エンジン警告灯が点灯あるいはグローランプが点滅し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあります。
とのこと。

CX-3オーナーの方のブログ等を見てもいくつかエンジンの不具合事例がありましたので気になっていましたが、発生条件が「低速で加減速する走行を繰り返す」なので、多くの人に発生してもおかしくないと思われます。
不具合が発生する可能性があるというのは残念ですが、もし発生した場合でも確り対応してもらえそうなので良かったと思うようにします。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[0回]

skyactiv-xは期待外れ

  • 2017年09月16日
マツダが開発を続けてきたHCCIエンジン、skyactiv-xが遂に実用化され、近い将来市場投入されることがリリースされました。これに合わせてskyactiv-xを搭載した試作車の試乗記事なども出てきています。

このskyactiv-xの特徴をまとめると
・排気量は2L
・トルクは1.5Lディーゼルと同程度だが良く回るので出力は2.2Lディーゼル並み
・振動、ノイズはガソリンより大きいがディーゼルより小さい
・燃費(燃料1Lで走行できる距離)はディーゼル並み
・ただし燃料がガソリンなので燃料費は割高
・コストはガソリンとディーゼルの間

という感じです。確かにガソリンエンジンとしては画期的なのですが、CX-8搭載の新型2.2Lディーゼルと比べると性能面(低回転トルク)で劣るうえに燃料費は高くつく。正直なところ、ディーゼルから乗り替えるほどの魅力はないのかなという印象です。ディーゼルの音、振動が気にくわないけど、低燃費で高出力なエンジンがいい、という方にはいいかもしれません。

まあ、カタログスペックだけではなく、実際のフィーリングやエンジン重量によるハンドリングへの影響もあるので、実際に乗り比べたら印象は変わるかもしれません。マイルドハイブリッド化することも検討中とのことで、最終的にどのような形で実用車として出てくるか、楽しみに待ちたいと思います。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[4回]

CX-3ガソリン発売決定

  • 2017年06月04日
ディーゼル専用車として販売開始されたCX-3に、ガソリンモデルが投入されることが決定しました。

これまでのマツダ関連のインタビューや報道等をみて、ガソリンモデルが投入されるにしてももうちょっと先と言ってきたわけですが、外れてしまいました。

それにしても、大々的にディーゼル専用車と売り出しておいて、売れなかったからガソリン投入というのは格好悪すぎだと思います。しかも、2Lガソリンで200万超え~だと結局売れないでしょう。マツダが何をしたいのか分かりません。

とはいえ、ガソリン街の方には朗報ですね。パワーもありますし、楽しい車になるのではないでしょうか。





にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[0回]