忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

CX-3値引き交渉のポイント

  • 2015年03月10日
昨日、CX-3の値引き額についての記事を書きました。個人的に満足のいく商談ができたので、その際に大事だと感じたポイントについて書きたいと思います。

いきなり本題に入りますが、我が家が満足のいく値引き交渉ができたポイントは、①「CX-3は魅力的な車で乗ってみたいが、割高だと思う」と最初に伝えたこと、②現車の下取り価格を予め調べた上で、お互いに納得のいくラインの値引きを要求できたこと、の2点かなと思います。

①については、競合他車を持ち出して価格交渉するのもアリだとは思うのですが、そもそも他メーカーの車に興味がなく、また、変な駆け引きもしたくなかったので、正直に思っていることを話しました。この結果、営業の方も、「そこまで言ってくれるなら是非乗ってもらいたいので、こちらも頑張ります」と言ってくれました。

そこで、②の話になります。営業の方は「頑張る」とは口では言っても、出来るだけ安く売りたいもの。現車の下取り価格を知らなければ、値引き額は多くても下取りで買い叩かれて結局損をしてしまいます。
最初の見積もりの段階で、下取相場のほぼ上限額を提示頂いていたので、「厳しいとは思うけど、下取りが20万上がるのなら買っちゃう」という話をしたら、営業の方が裏であれこれ悩むフリ(フリじゃなかったのならすみません)をした後、値引き10万、下取り10万アップという条件を提示してくれました。その後、ちょっとだけ粘って軽油満タン納車してくれるということで、最終的に契約しました。

これまでのフルスカイアクティブ車の値引き情報から判断して、この条件がギリギリだと思っていたのですが、ネット上の情報をみた感じだと、(決算前だからなのか、売れてないのか、値引き前提の定価だからなのか分かりませんが)CX-3は新型車の割には値引きが大きいみたいですね。粘ればあと5万円くらい行けたのでしょうか。

でもまどろっこしい駆け引きもなく、気持ち良く車を買うことができたので満足しています。交渉中の方、これから交渉される方も満足のいく交渉ができるといいですね。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[0回]