忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

マツダCX-3 契約しました

  • 2015年03月03日
先日試乗したマツダのCX-3、いつの間にか契約してしまいました。

そもそも、私は新型プレマシーの登場を待ち望んでいたわけですが、先日の記事で書いたように、発売は2017年、しかもCX-5ベースとなり大型化することがほぼ確実となり、待つ気が完全に失せていました。

また、元々、親戚が乗るケースが増えるかと思って7人乗りのプレマシーを検討していた訳ですが、増えると言っても年に数回。よく考えれば、そのためにわざわざ高くて大きな車を買って、高い税金とガソリン代を払うくらいなら、必要な時だけレンタカーを借りても余裕でお釣りがくるなと(今更ながら)気づいたわけです。

こうした中、CX-3に試乗したところ、非常にいいじゃないかと。まず、見た目はCX-5以降のマツダ車の中でも一番好みで、1.5Lディーゼルの動力性能も十分。確かに2.2Lディーゼルの加速感は素晴らしい物がありますが、初期コスト、維持費(燃費、自動車税、オイル代等)には見合わないと判断しました。また、大きすぎず小さすぎないサイズ感も気に入りました。

デミオとの価格差はかなりありますが、①見た目が断然カッコいいこと、②デミオで感じた運転席の窮屈さが無かったこと、③後席の居住性・積載性が大きく違ったこと(デミオでは現車未満、CX-3は現車より上)、④エンジン音等がデミオ比小さく快適だったこと、⑤レーダークルコン等の先進装備を付けられることなど、価格差なりの価値があると感じました。
ただ、内装は質感だけでなく、機能的にも(例えばエアコンのコントロールを独立にするなど)デミオとの差別化を図って欲しかったという気持ちはあります。

契約したのはXD Touringのフルオプション仕様で、アクセラやCX-5、下手をするとアテンザの下位グレードが視野に入る価格でしたが、①ディーゼルエンジン車に乗ってみたかったこと、②ハイテク装備が個人的に必須だったこと、③CX-3は多少割高(だと思う)なので、あまり同じ車を見ないで済むかなと思ったこと、④どうせなら、新型車がいいかと思ったことから、CX-3にしました。

あまりに売れなさ過ぎて、劇的に値下げされてしまったらショックですが、そのようなことはないと信じたいです。納車時期は(確定はしていませんが)4月上旬くらいということで、今から楽しみにしています。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[0回]