忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

Intel Compute Stickは微妙?

  • 2015年04月04日
今年1月に発表されたIntelのスティック型PC「Compute Stick」。
当初、3月発売予定とのことでしたが、ここにきて、4月30日に発売されることが判明しました。

スペックは以下の通りです。


OSWindows 8.1 with Bing 32ビット
CPUインテル® Atom™ プロセッサー Z3735F(4コア、1.33GHz)
メモリDDR3L(1.35V、1333 MHz、2GB)
ストレージ32GB eMMC
グラフィックスインテル® HD グラフィックス
解像度1920×1080
通信機能IEEE802.11b/g/n、Bluetooth4.0
オーディオHDMI Audio
インターフェイスHDMI映像出力×1、USB 2.0ポート×1、microSDXCカードスロット×1
電源Input:100V-240V, 50-60Hz 0.4A Max
Output:5V/2A
ネットワークIEEE 802.11 b/g/n、Bluetooth® V4.0
外形寸法(本体)37(W)×103(D)×12(H)mm ※突起部除く
質量(本体)約53g
質量(梱包時)約320g
使用温度範囲0~35℃
保存温度範囲-20~40℃
ソフトウェアMcAfee Antivirus Plus(pre-installed 6 months trial)
消費電力Min 0.5W- Max 10W
保証期間1年間保証(インテル株式会社)
1月時点では、CPUとしてCore Mを搭載したモデルが出るとの話がありましたが、少なくとも現時点ではCore Mモデルは発売されないようです。Core Mくらいスペックがあれば、私の使い方でもあまりストレスなく使えるかなと期待していたのですが、Atom Z3735Fはちょっと非力ですね。
「ファンを搭載していることで性能をフルに発揮できる」というのがこの製品の売りのようですが、そもそも性能が低すぎるのでは…という気がします。

これを買う様な人(会社)がフルHD動画(IOデータ曰く2560×1440らしい)を長時間みるような使い方をするとは思えません。そうすると、(駆動部品が無い分)故障リスクが低い他社製品の方がいいのかなと思いました。

IOデータ:Intel Compute Stick特集サイト



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[0回]