忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

CX-3(i-Eloop搭載車)の冬季アイドリングストップについて

  • 2016年01月26日
我が家のCX-3はi-Eloop搭載車ですが、i-Eloop搭載車が冬場にどれくらいアイドリングストップ(i-Stop)するのか、詳細にレビューした情報が意外に少なかったので記事にしてみました。

どれくらいの頻度でアイドリングストップするのか?

気温0~5℃程度の環境でも夏場とほぼ変わらずアイドリングストップします。「ほぼ」というのは、冬場のほうが、エンジン始動から最初にアイドリングストップがかかるまでの時間が長くなってしまうためです。冬場は車内が暖まるまでアイドリングストップがかからないので、どうしても走り出して数分はアイドリングストップがかかりません。
一度アイドリングストップがかかれば、DPF再生時意外はほぼ確実にアイドリングストップがかかります。道路状況を先読みしてキャパシターの充電量を増やすような運転を心がければ毎回1分以上のアイドリングストップが可能です。渋滞でアイドリングストップが続くと、暖房のためにエンジンがかかってしまいますけどね。

これまでの累積アイドリングストップ時間

2015年4月納車、11,000km走行で累積アイドリングストップ時間(マツコネによる表示)が約50時間です。停車時間に対するアイドリングストップ時間の割合としては、正確に測ったわけではありませんが、短時間の停車で敢えてアイドリングストップを掛けなかった時間を含めても7割以上はあるのではないかと思います。

バッテリーへの影響

CX-5などのi-Eloop無し車のバッテリー寿命をネットで調べると、3~4年程度(累積アイドリングストップ200時間)との事例がいくつか見られました。一方で、アイドリングストップをオフにすれば5年程度持つとの情報もありました。私のこれまでの経験からも、非アイドリングストップ車であれば、バッテリー上がり等のトラブルがなければ5年程度は持つのかなと思っています。
マツダコネクトのi-Eloopモニターを見ていると、アイドリングストップの電力はほぼi-Eloopの電力で賄い切れています。この調子であれば、4年以上は持ってくれるのではないかなと期待しています(結果が出るのはかなり先ですが・・・)。

i-Eloop非搭載車はどうか?

全く参考にはなりませんが実家のインプレッサスポーツは冬場となると10秒持たずにエンジンが再始動します(バッテリーがへたっているのでしょうか)。
マツダのi-Eloop非搭載車のアイドリングストップ時間がどれくらいかは正直なところ全くわかりません。もしi-Eloop非搭載車にお乗りの方がこの記事を読んでいらっしゃれば、①アイドリングストップの頻度、②アイドリングストップ1回あたりの持続時間、③停車時間に対するアイドリングストップ時間の割合(感触値)、④バッテリー交換までの走行距離、累積アイドリングストップ時間などを教えて頂けないでしょうか。i-Eloopが気になっている方にはとても有益な情報になると思います。




にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[4回]