忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

CX-3の静音化対策(風切り音防止テープを貼ってみた)

  • 2015年05月18日
CX-3のエンジン音はディーゼル車として非常によく抑えられていると思いますが、発進加速時など、ガソリン車と比べればやや耳障りな部分があります。
今回は、これを改善するために以下の「風切り音防止テープ」を装着してみました。上側のドア用2つにリアハッチ用1つで4,000円弱。ホームセンターで似たようなゴム材を調達することも考えましたが、逆に高くなることが分かり断念しました。


なぜエンジン音低減のために風切り音防止テープ?

本来、この商品は風切り音の低減を目的としたものですが、CX-3の遮音材の配置状況や実際のノイズを聴いてみて、「ドアを目張りすればエンジン音(うまくいけばロードノイズも)も抑制できそう」と感じたため、この商品を使用してみることにしました。
というのも、前回の記事(CX-3の静粛性)で記述した、「フロントフェンダー内の遮音材の隙間」からドアを通じてエンジン音が入ってきている気がしたからです。
また、ロードノイズについては、デミオの静音化について細かく書かれているこちらのサイトで、「リアルーフスポイラーを制振したら非常に高い効果があった」と書かれていたのを見て、リアハッチを目張りすれば(制振しなくても)リアハッチからのノイズ侵入を押さえられそうだなという思惑もありました。

風切り音防止テープを貼った結果

結論を申し上げると、思惑通り、エンジン音、ロードノイズ、更に風切り音も含めて、騒音が全体的に若干低下したほか、特に中高域のノイズが小さくなり車内が快適になりました。具体的な感想は以下の通りです(お約束ですが、一個人の感想ですので、「こう感じた人もいる」程度に受け止めて頂けると幸いです)。
・アイドリング音はあまり変わらない感じ。元々音量は小さいし、中高域のノイズももあまり出ていないためと思われる。
・発進加速時のエンジン音は明らかに静か。角がとれてマイルドな音になっている。正直、ガソリン車と同等と言ってもいいレベル。
・中間加速時に微かに聞こえていたエンジン音も静かになった。
・ロードノイズも小さくなっている。一般道では道路状況がよければかなり静か(これまでになかった感覚)。荒れた路面でのノイズも一回り小さくなっている感じ。
・高速走行時はそれなりにノイズが聞こえる。小さくなったかは正直分からない。ただし、インプレッサよりは静か。
・停車中やすれ違い時に聞こえる車外の騒音は劇的に減少。シャーっという音はかなり低減される。バイクの排気音等はそれなりに聞こえる。

これ以上の静音化対策は?

個人的に効果がありそうなのは、前回の記事で書いたエンジン音対策としてダッシュボード内の吸音(スポンジを敷き詰めたり、アクセルペダル周りにスポンジを巻いたり)、ラゲッジルーム下の制振くらいかなと思います。
内張りを剥がしてピラー周りの遮音等をやっても、手間とコストの割に効果が期待できないほか、むしろ「あっち立てればこっち立たず」という感じで泥沼にはまりそうです。

因みに、ボンネット裏の制振、遮音材追加については、やってみれば効果があるのかもしれませんが、CX-5で対策をされている方のブログ等をみても「あまり効果がない」という声が多いほか、個人的にもボンネット→窓ガラスを通じてエンジン音が入ってきている感じがしないので、取りあえずは見送りかな~と考えています。もし「実際にやってみて効果があったよ」という方がいらっしゃれば教えて頂きたいなと思います。

(2015/10/10追記)その後、CX-3に静音化対策を施し、ホンダヴェゼルハイブリッドとノイズの比較を行ってみました。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[2回]