忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

[PR]

  • 2020年01月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


マツダコネクトのApple Carplay/Android autoレトロフィットキットの位置情報取得先続報

  • 2019年09月08日
遂にCarplay/AndroidAutoレトロフィットキットを導入しました。自車位置演算ユニットなしのレトロフィットのみです。使用感はまた後日記載しますが、今回は自車位置演算ユニットなしの位置情報・自車位置精度について記載します。

前回の記事で、自車位置演算ユニットなしでも位置情報は車両側のものを参照するというようなことを書いたのですが、思っていたものとは挙動が違いました。少なくともAndroidAutoのGoogleマップを使用した限りでは、位置情報の精度は通常のマツコネに劣ります。GPS情報は車両のものを使っているのかもしれませんが、方角、方向転換等の情報が切り捨てられている気がします。

何故そう思ったかというと、マツコネだと細い路地に入ってもまず自車位置がずれることはありませんが、Googleマップではそれなりの頻度でずれてしまうのです。どういうことかというと、ナビの設定ルートと違うルートを通った場合、しばらくの間、当初の設定ルートに沿って自車位置が動く(マップマッチングが強すぎる?)ため、自車位置がずれてしまいます。この状態で細い路地を走ると、自車位置のずれがどんどん拡大してしまいます。

案内通り走ればこうした問題を回避できますが、Googleマップは直前まで右左折の案内をしてこない&予想を上回る細い道を案内してくるので、交差点を行きすぎる、ということことが起きやすく、実際に回避するのはかなり困難です。

この点、サードパーティーのナビアプリであるwazeの自車位置精度はGoogleマップより安定していますが、地図情報や渋滞考慮の貧弱さから、常用するにはやや厳しい気がします。当面は渋滞考慮の恩恵が大きい長距離はGoogleマップ、近場の入り組んだ道はマツコネと使い分けるのがいいかと思いました。

自車位置演算ユニット搭載だと挙動がどのように違うか気になりますね。また、色んなナビアプリが使えるCarplayだとどうなるかも気になるところです。この点、Carplayについては新型iPhoneが出たら色々検証してみたいと思います。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[0回]