忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

[PR]

  • 2017年05月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


トヨタが新開発したクリーンディーゼルエンジンの酷いステマ記事を見た

  • 2015年06月18日
ランドクルーザープラドにトヨタが新開発したクリーンディーゼルエンジンが搭載されるというニュース

記事の内容がいろいろおかしいですね。
トヨタの新エンジンは後処理装置として尿素SCRが必要なようですが、これについて、「マツダも使っている装置。定期的に尿素水の補充が必要」ということが書いてあります。

マツダの旧型ディーゼルは確かに尿素SCRが必要ですが、今売ってるディーゼルの大半(国内ではおそらく全て)が、後処理装置不要のSKYACTIV-Dであるにも関わらず、こういう書き方をするのは感心できません。

因みに当該エンジンのスペックは、2.8Lなのに、2.2LのSKYACTIV-Dと大差ない177ps(130kW)/3400rpm、45.9kg.m(450Nm)/1600-2400rpm。重量はかなり重いと思われ、その分噴け上がりも悪そうです。

記事内に「クリーンディーゼルで出遅れたトヨタの面目躍如」といった記載がありますが、このスペックだとトヨタのディーゼルが見劣りするから「マツダも尿素SCRを使っている」などと誤解を与えるようなことを書いているのかな、と勘ぐってしまいます(単なる無知だったらそれはそれで酷いと思いますが)。

ランクルプラドに載せるということで耐久性やメンテナンス性を重視しているのかもしれませんが(そう期待したい)、記者がこのエンジンをよく見せるために捻り出したのが「マツダも尿素SCRを使っている」だとすると、耐久性やメンテナンス性も特に優位ではないのかもしれません。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[0回]