忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

CX-3のマツコネナビを走行中に操作可能にする方法

  • 2015年07月26日
2016/10/5追記 USBを差し込むだけで操作制限を解除する方法を記載しました。

先日、マツコネのTV視聴制限解除(その1その2)を実施しましたが、読者の方から、マツコネナビを走行中に操作可能にする方法について質問がありましたので、簡単に記載しておきたいと思います。手順は以下の通りです。少なくともマツコネVer.51、Ver.55において、この方法で走行中にマツコネナビを操作可能にすることができました(標準状態でかかっているナビ操作制限を解除できます)。

1.テストモードに入る

コマンダーの「♫」+「☆」+「音量コマンダー(ミュートボタン)」を数秒間同時に長押しすると、テストモードに入ります

2.JCIテストモードに入る

テストモード画面に表示されている「DEL」ボタンを20秒程度長押しすると、右上の黒い表示部分に「JCI Test Mode」と表示され、JCIテストモードに入ります。

3.11番メニューを選択

一旦手を離して、マツコネのコマンダーを回して「11」を表示させたあと、コマンダーをクリック(押し込む)します。

4.「SPEED TOGGLE」解除

表示されるメニューの中から「SPEED TOGGLE」を1回だけ押します。
※一瞬、画面がフリーズしたようにみえますが、3秒後位に(Disabled)という表示がでます。
上記表示が出ればOKです。

5.「LVDS SPEED TOGGLE」解除

4.と同様に「LVDS SPEED TOGGLE」についても解除(Disabled)にしてください。

これで作業は完了です。JCI Test Modeで「Cancel」→「Exit」を押せば元の画面に戻ります。

これでCX-3で走行中にもナビ操作を行うことが可能になりました。発進後、助手席の人に操作してもらうことが結構多いので、無駄に停車することがなくなりました。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[5回]