忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

マツダCX-3の静音化対策?(2速発進)

  • 2016年04月17日
これまで何度かに分けてCX-3の静音化対策について記載してきました。
今日は対策といえるか分かりませんが、2速発進することで、エンジン回転数を上げずに発進して騒音を減らそうというものです。

(そんなこと当たり前と言われてしまいそうですが)CX-3はATでも2速発進することができます。やり方は簡単で、シフトノブをDにした状態から右に倒すと、マニュアルモードになります。その状態でシフトノブを手前に引くかパドル(右側)を引くと、停止状態でも2速に入ります。

通常、0km/h→20km/hに加速する際は1速で2000rpmまで回転数が上がるので、若干エンジン音が響きますが、2速発進することで、この間回転数を上げずに済みます。

と、ここまでいろいろ書きましたが、毎回マニュアル変速するのは面倒だし、純正のAT制御より低回転でエンジンを回すことによる影響(ATへの負担、煤が多く出るかも?)もあると思われるので、下り坂での発進時などで、たまに使ってみる程度がいいのかもしれません。元々1速を使ってもそんなに煩くはないですしね。

4/17日 16時23分 追記
これまで240キロ前後の間隔でDPF再生がかかっていましたが、2速発進を多用するようになってから初めてのDPF再生は180キロ間隔でした。2速発進が原因とは断定できませんが、気温(これまでより高い)やアイドリング時間等(これまでと変わらず)を考慮すると、これが原因の可能性が高いと思っています。下手なことはせず、車任せで走ったほうが良さそうです。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[0回]