忍者ブログ
マツダ車、デジモノ・家電等について思ったことを書いていきます。

高速道路料金を節約する方法

  • 2016年02月27日
我が家では昨年マツダのCX-3を購入し、週末のみの乗車1年弱で走行12,000kmを超えました。
ドライブが楽しいのでついつい遠出してしまうのですが、気になるのが高速道路料金です。少しでも安く上げる方法があればということで色々調べた情報がありますので、読者の方にもお知らせしたいと思います(既にご存知でしたらすみません)。

ドラ旅パック

航空券、新幹線のチケットとホテルがセットになったパック旅行をご利用の方は多いと思いますが、こちらは高速道路料金とホテルがセットになったパックです。

ドラ旅パックどういうものか簡単に説明すると、ETC高速道路料金(発着エリア⇔周遊エリア間の往復&周遊エリア内乗り放題)と宿泊代金がセットになったお得な1泊2日限定プランで、世界遺産の富士山の絶景をめぐる「富士・河口湖プラン」、信州を満喫する「南信州 諏訪・松本・安曇野プラン」、そして風光明媚で食事も楽しめる「舘山寺・浜名湖プラン」の3プランでが用意されています。それぞれ東京周辺と名古屋周辺のIC(インターチェンジ)を発着とするコースがあります。

ドラ旅パックの詳細はこちら

これにより、高速道路料金が半額となります。ホテル代相当額は一般的な宿泊予約サイトと同レベルなので、かなりお得に高速道路を利用することができます。例えば、東京⇔豊川間の普通車の高速道路料金は通常料金が12,120円、週末ETC割引が9,040円、ドラ旅パックなら5,800円です。更に現地での遊覧船の乗船券が特典として付きます(高速道路料金、特典はコースにより異なります)。

更に、これは一部の方限定ですが、お勤めの会社の福利厚生プランがJTBベネフィットの場合、通常のJTBパッケージツアーと同様に補助金を受けることができます。補助金額によっては高速道路料金分が丸々浮くくらいお得になるようです(この場合、Webからではなく、JTB窓口<店舗、電話>経由で予約を行う必要があるのでご注意ください)。

なお、利用に当たっては、連休などで大混雑した場合に、発着エリア外で途中下車してしまうと割引が適用されないので気をつけて下さい。


ETC限定企画割引

ドラ旅パックのほかに、各高速道路会社が定額乗り放題のETC割引企画を行っていることがあります。

北海道観光ふりーぱす
やまなしドライブプラン
南房総フリーパス
関越ウィンターパス
新東名開通記念ドライブプラン

利用条件がそれぞれ異なりますが、条件があればお得に高速道路をドライブすることができます。時期によって関東発東北周遊プランなんかもあったりします。時間があれば北海道を走り回ってみたいです。

ETC2.0割引

4月から首都圏の高速道路料金が変更(圏央道が値下がり、首都高、第三京浜、京葉道路などは値上がり)となります。これとあわせて、圏央道を利用して都内に入らないルートを通る場合、ETC2.0であれば利用料金が2割引となるようです。

現状普通のETC車載器を導入している方は元を取るのは難しいと思いますが、これから新車を購入される方は、ETC2.0対応車載器を購入しておくと良いかもしれません(ETC2.0割引が広がる可能性もあります)。

私が調べた情報は以上です。うまく活用してドライブを楽しみましょう!




にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ←ブログランキングへのご協力をお願い致します!

拍手[0回]